クラウドサービスを提供するスカラ

企業とユーザー2つの観点で企業のコーポレートサイトをはじめECサイトやモバイルアプリをさらに使いやすくするためのクラウドサービスを提供しているスカラという企業があります。
東京都渋谷区にオフィスを構えており、梛野憲克が代表を務めています。
1991年12月に田村健三氏が島津英樹氏を共同経営者に招き、データベース・コミュニケーションズ株式会社という名前で創業したことがスカラのはじまりでした。
現在の代表である梛野憲克氏が代表取締役社長に就任したのは2013年8月のことです。

スカラは業界トップクラスを誇る「開発力」「サービス」。この2つにより上場企業を400社含む計1,000社以上もの大手企業と取引実績を持ちます。
主にサイト内検索サービスやFAQシステムをはじめ、自動音声応答システムなど多岐にわたるサービスを展開。近年ではビッグデータ処理技術に関するサービスやIoTも提供しています。
これらのサービスをベースに「お客様のニーズ」そして「適切なタイミング」を把握。
「情報」として複数のチャンネルを通して提供し、コミュニケーションの促進を可能にしています。

また、スカラはSaaS/ASP事業において業界トップクラスのシェアを有する東証一部上場企業でもあります。
そんなスカラの強みは営業から開発・運営に至るまですべてを自社で行っているという点でしょう。
顧客ニーズに合わせたサービスの提供を可能にしているため、高い顧客満足度を獲得している企業です。

大きく特定のサービスに依存しない売上構成である特色があるスカラでは、今後も更に事業提携やM&Aを積極活用しながら既存事業の拡大を進めていくそうです。また、BtoCビジネスなの新たな事業領域の開拓も視野に入れているそうです。

管理人が選ぶサイト◇◇◇梛野憲克 株式会社スカラ | Eight プロフィール

コミュニケーションの促進を可能にする

株式会社スカラは、企業サイトやECサイト、スマートフォン・モバイルアプリを企業とユーザー両者から利用しやすくするためのクラウドサービスを提供している会社です。代表取締役社長を梛野憲克が務めています。1991年にスカラの前身であるデータベース・コミュニケーションズ株式会社が創業しました。2013年に梛野憲克が代表取締役社長に就任。2016年に商号を今の株式会社スカラへと変更したそうです。スカラは業界トップクラスの「開発力」と「サービス」を誇り、上場企業を含む1000社以上の大手企業との取引実績もあるようです。そんなスカラの事業内容などを紹介していきます。


スカラは、SaaS/ASP事業を展開しています。インターネット及び電話回線を通じ、企業のコーポレートサイト活用を支えるWeb系のサービスと、自動音声応答技術を使ったサービスを提供しています。
Web系のサービスでは、サイトの使いやすさや機能性を上げるサービス、簡単にサイト作成や一元化できるようサポートしてくれるサービス、オンライン百科事典などサイトのコンテンツを補強するサービスがあります。自動音声応答技術を使ったサービスは、電話注文受付をはじめ、FAXの取り出しサービス、情報の収集・提供を行うサービスを展開。
その他、オンラインカードショップの「-遊々亭-」を運営し、ジャンルや形態を問わず色々なカードの買い取りや販売を行っているそうです。

幅広く提供しているSaaS/ASPサービスでは、最近では良く耳にするIoTやビッグデータ処理技術に関連するサービス提供も開始したようです。顧客のニーズと、適切なタイミングを把握し、様々なチャンネルを通じて「情報」として提供することにより、人と人、人と企業のコミュニケーションの促進を可能にしているようです。

スカラコミュニケーションズの情報サイトシステム

梛野憲克が代表を務めるスカラコミュニケーションズではさまざまなサービスを提供しています。
情報サイトシステムをはじめ、コンテンツ管理、コンテンツ配信などさまざまなシステムを提供しているスカラコミュニケーションズですが、情報サイトシステムの一つであるサイト内検索エンジン『i-search』について調べたことをここにまとめてみました。

そもそもサイト内検索がどのようなものかご存知ですか?
サイト内検索とは、企業などのホームページ内にてユーザーが求めるコンテンツをキーワードで検索するシステムのことです。
サイト内検索を導入することでいくつものメリットがあるようです。
例えば、商品点数やページ数など情報量が多いサイトや、ニュースリリースなどの最新情報を頻繁に発信しているサイト、HTML以外のPDFなどを掲載しているサイトなど、これらのサイトではサイト内検索を導入することで次のようなメリットがあると言われています。

・目的のページを検索しやすくなるとユーザービリティの向上へつながる
・目的とする情報を得られなかったユーザーが離脱してしまうことで発生する機会損失の減少

こうしたメリットが挙げられています。
なかには「自分のサイトは分かりやすい作りになっているからサイト内検索は要らない」という方もいるようですが、サイト内検索エンジンの導入によって、検索キーワードからユーザーニーズを集めることができる利点があるようです。

そこで、梛野憲克率いるスカラコミュニケーションズが提供しているサービスがSaaS/ASPサイト内索エンジン『i-search』です。
『i-search』を導入すると検索にヒットしたページのサムネイル画像の表示、サムネイル画像にマウスオーバーした際に拡大画像がポップアップする、おすすめコンテンツとして任意のページを表示できる、などが可能になります。また豊富な管理機能も特徴です。

『i-search』の気になるメリットですが、検索結果ページのデザイン性の向上によるブランド価値の増加、おすすめコンテンツなどへのユーザー誘導機会の増加、検索キーワードなどの解析によるユーザー動向分析の実現などが挙げられています。

FAQシステムのi-ask

梛野憲克が代表を務めている株式会社スカラは、インターネットや電話回線を通してサイトの利便性などを向上するサービスを提供しています。
SaaS/ASP事業で高いシェアを誇っている同社の強みは、営業・開発・運用まで全てを自社で一貫して行っていることのようです。そんなスカラのサービスを紹介していきます。

Webサイトの利便性を向上させる「情報検索」「コンテンツ管理」分野で活躍するのが、見つかるFAQシステムの「i-ask」です。i-askは、FAQページを作成するのに特化したシステムです。代表の梛野憲克が理想としている「望む情報を適切なタイミングで提供する」ツールのひとつであり、Webページ作成の知識が無くてもFAQを作ったり、管理したりできるものだそうです。
サイトを訪れる際、何か調べたいことがある、興味があるといった動機があると思います。知りたいことを調べていると、よく目にするのがFAQではないでしょうか。FAQは、よく質問される問題とその答えがまとまっているコンテンツのことを言います。「FAQ」の他にも「よくあるご質問」といった表記があることも多いでしょう。私たちの疑問を解決するという意図以外にも、問い合わせに対する返信作業を効率化するために利用している企業も多くなっているそうです。

i-askを取り入れることにより、様々なメリットが発生するようです。例えば、FAQ内の検索ができ、ユーザビリティが向上する。先ほど述べたように、電話やメールでの問い合わせ対応が減るため、業務負荷を軽減することができる。自動更新機能があるため、深夜でも休日でも更新が行える。検索ワードを解析し、ユーザー動向の分析も可能なようです。また、FAQページは簡単に作ることができるためサイトのページ数を増加することができ、SEO対策にもなるようです。

ここでスカラのサービスを利用している会社や実例を紹介していきましょう。
従来より、損害保険ジャパン日本興亜株式会社が利用していた「i-ask」の拡張機能としてライン公式アカウントとの連携を開始したそうです。損保ジャパン日本興亜のラインアカウントを友だち登録したユーザーが、メニューの「よくある質問」を選択すると無人チャット形式で回答候補を提示するというものです。自動車保険、海外旅行保険、火災保険、などの質問カテゴリから絞り込まれるとのこと。
「i-ask」との連携機能のため、HPで公開している登録済みのFAQを二重管理することなく利用できるのが特徴であり、管理業務効率化に役立ちます。
HPだけでなく、多くの人が日常的に使用しているラインを活用することによって手軽に質問することができます。ユーザビリティアップが実現したと言えるのではないでしょうか。

リンクチェックシステム「i-linkcheck」とは?


あなたの会社のホームページは、しっかり管理されていますか?「当たり前」と思うかもしれませんが、意外と見落としがちになるのがリンク切れです。いわゆるデッドリンクのことですね。リンクをクリックしてもページを閲覧できなければ、ユーザーにとってもマイナスですしSEO的にもよくありません。企業名で検索したときに、非公式のサイトの方が上位に表示されることなどあったら笑うに笑えない話です。

そのため、定期的にリンク切れがないかチェックする必要があります。リンク切れの原因は、サイトやページの移転もしくは閉鎖です。また、リンク先のサイトは存在していてもハイパーリンクの記述にミスがあれば、表示されません。
定期的にリンク切れがないかどうかチェックすることは大切ですが、人の手で一つ一つ確認していったら相応の時間とコストがかかります。量が多ければ確認漏れも発生してしまうでしょう。

そんな面倒くさいリンク切れを自動でチェックしてくれるのが「i-linkcheck」システムです。「i-linkcheck」システムは、梛野憲克が代表を務めている株式会社スカラコミュニケーションズが提供しているサービスです。梛野憲克は他にも株式会社スカラでも代表を務めており、スカラコミュニケーションズはスカラの子会社になります。

「i-linkcheck」システムが便利な点は、自社のリンク切れだけではなく、外部サイトのリンク切れや、IPアドレスが変更した際の検知もできるところでしょう。メリットとして作業の効率化や、検索エンジンからの高評価が挙げられます。
「リンク切れのチェックなんてしていない……」という企業は、「i-linkcheck」システムを利用するかはさておいて、もう一度自社のHPを確認してみるのがいいでしょう。