各種管理

スカラの問合せ管理のサービスにおいて、Webチャットシステムのi-livechat、見つかるFAQシステムのi-ask、電話自動応答のSaaS型IVRなどを展開しています。

・i-livechat

i-livechatは、顧客のサイトに訪れたユーザーと1対1でWebチャットができるサービスです。
メッセージ自動送信機能によって、ユーザーに対して動的なアクションを促すといいます。いままでのお問い合わせフォームでのメッセージ交換とは違い、メールアドレスなどの個人情報を必要としません。
また、チャットならではのリアルタイムでやり取りが可能という特徴があります。問い合わせの多い入力フォームでの入力方法サポートのほか、サービスや商品に対するきめ細かい提案ができるといいます。ユーザーは今知りたくて問い合わせているわけですから、リアルタイムで返事が返ってくるのは嬉しいですよね。顧客満足度アップに繋がるサービスと言えるでしょう。数行のタグをサイトに埋め込むだけで利用できるため、導入が簡単というメリットも。

同社のi-searchを既に導入しているのであれば、導入作業はないとのことです。
数行のタグをサイトに埋め込むだけで利用できるため、様々な手間や費用が省ける事でしょう。
また、webコンテンツとの連動もあり、スカラのASPサービス、i-search、i-askと連動してチャット対応画面にて顧客コンテンツの内容をオペレーターが確認しながら対応ができるようです。チャット内の会話からキーワードで連動して確認できるとのこと。

サイト内で検索したキーワードおよび参照したFAQページなどの行動履歴も管理サイトで確認できるそうです。
プッシュ型は、メッセージ自動送信機能によってページ毎に違った内容でチャット表示させることが可能です。
問い合わせがたくさんあるフォーム、訴求効果を求めるページに合った内容をチャット表示させることで、タマーエクスペリエンスのアップが見込めるというものです。

i-livechatのWebチャットシステム機能について紹介していきます。

対応可能時間設定・・・オペレーターが対応可能な時間帯を事前に設定することにより、チャットのポップアップ表示を制限できます。対応時間外はポップアップ表示をしない、または特定のメッセージ表示のどちらかを設定できます。

ダウンロード機能・・・会話の履歴を管理サイトからまとめて閲覧・エクスポートすることができます。

人数制限、複数人機能・・・1人のオペレーターで複数人の対応ができるようで、その上オペレーター毎に、対応可能人数の上限を設定することが可能とのこと。また、対応可能なオペレーターがいない時は、ポップアップは表示しないという仕様です。

管理サイトの権限・・・次の現減の管理サイトユーザ作成できるというもの。オペレーターは、ログイン・ログアウト・チャット入力。管理者はログイン・ログアウト・対応状況確認・履歴確認・設定変更が行えるそうです。

途中入力内容表示機能・・・ユーザーが入力している途中の文章でも、オペレーター対応画面に表示させるという機能。

滞在時間設定、特定URL登録機能・・・滞在時間に応じて、ポップアップでチャットを表示させる機能のほか、特定のページでチャットを表示させるなどの様々な条件が設定可能なようです。

チャット禁止機能・・・迷惑なユーザーにはCookie管理により、チャット機能を非表示にすることが可能です。

管理者によるモニタリング機能・・・オペレーターの対応状況のほか、会話履歴を管理者がモニタリングできる機能です。

他オペレーターの引き継ぎ・対応依頼機能・・・他のオペレーターに対応を引き継いだり、依頼ができるようです。

定型文登録機能・・・定型文の登録が可能で、オペレーター毎に個別の登録もできる機能です。

メッセージ受付フォーム・・・オペレーターが居ない時、メッセージ受付フォームとして動作させることができるそうです。

禁止用語検出機能・・・オペレーターが入力した内容で、禁止用語を使用している時、オペレーターに注意喚起を促すメッセージが表示される機能です。

メッセージ自動送信機能・・・メッセージを自動で送信できる機能です。条件を設定することで、チャットウインドウを開いたユーザーへ自動でメッセージを送ることができるそうです。

i-searchを利用している方・・・スカラのi-searchを利用している場合は、サジェスト機能のJavascriptを介して導入可能なため、導入する側の企業の作業は不要とのこと。

また、スカラの会員管理には、i-pointとi-giftサービスがあるので、そちらについても紹介していきたいと思います。

・i-point
スカラのi-pointは、カスタマイズが自由自在のポイントシステムで、POSシステムと連携しているとのこと。
販促の一環としてポイントカード導入を考えているけれど、何から始めたらいいのかわからないという企業に向けたサービスです。

◇簡単スピード導入
i-pointはPOSシステムから買い物情報を送信するだけなので簡単だそうです。SaaS(ASP)形式を採用しているため、短期間・低コストでポイントカードサービスを導入できるとのこと。会員サイトの構築をはじめ、ポイントカードの作成など全てスカラに任せる事ができます。

◇顧客を簡単に会員化
メールアドレスや誕生日など、顧客の属性を自由に取得できるため、会員情報を一元管理可能です。
属性調査や利用実績に合わせてメール配信を行うことができます。

◇集客力・リピート率アップの販売販促ツール
「誕生日ポイント」や「雨の日ポイント」といった様々なキャンペーンを実施できるようです。iPhone・Android対応の専用アプリの提供もしているようで、セール情報・クーポンなどをスマートフォンに通知し、来店を促進できるサービスです。

・i-gift
i-giftは、スマートフォンなどを通して、顧客向けのキャンペーンなどの景品・謝礼などを送料不要で贈れるデジタルギフトサービスです。

◇キャンペーン運用の効率化
i-giftは実物のプレゼントを梱包する・発送するなどの作業がないため、オペレーション負担が発生しないという特長があります。よって、コスト削減に繋がるでしょう。

各種受付

各種受付サービスには、以前ご紹介した自動音声応答サービスの他に、店舗予約支援のi-shopnavi、キャンペーンサイト構築があります。

◇自動音声応答サービス
SaaS型IVR(電話自動応答)とも呼ばれ、その内容はコールセンター支援や注文受付ダイヤル、情報変更受付ダイヤル、仕様請求受付ダイヤルなど様々な用途に対応できるようになっています。24時間365日自動で受け付けてくれるため、人件費などのコスト削減や効率化を図ることができるでしょう。

 

◇i-shopnavi
i-shopnaviは、店舗予約支援サービスです。来店予約、店舗の連携、更に広告効果測定までを一つのツールにまとめたもの。お店を予約したいユーザーからの電話予約から対象店舗への通知までをスムーズに案内してくれるといいます。コールセンターで受けた電話予約時の顧客情報を入力・管理して受付完了と共に予約対象店舗へメールで通知されるそうです。店舗に直接電話がかかるわけではないので、予約に人手を割かなくてもよくなるというメリットがありそうです。

また、店舗検索ではユーザーの住所・希望地域から最寄りのお店をワンクリックで検索することが可能です。ユーザーの利便性も忘れていません。
そしてクラウアントにとっては、日別、店舗別、コールセンター担当者別の予約率などを集計できるため、この予約受付情報をマーケティングや業務改善に活用することができます。世予約を受け付ける時に、予約するきっかけとなった広告媒体も入力可能なため、広告効果の指針となる数値も集計できるそうです。

◇キャンペーンサイト構築
パソコンやスマートフォンなど、メディアに関わらずスピーディーにキャンペーンシステムを構築するというものです。Webサイトから自動音声受付までトータルで任せられるサービス。

・各種キャンペーン
商品発送・資料発送の代行、データ入力などの業務をスカラが代わりに行うサービスだそうです。顧客は指示のみでOK。運営スペースや電話回線の用意、オペレーターの採用・育成などが省けるためコスト削減にもなるでしょう。
このサービスを利用すれば煩雑な業務に気を取られることなく、顧客は本来の業務に専念できます。商品発送代行は、キャンペーン賞品などの発送・各種商品の発送代行をします。
また、日々少量入ってくる資料請求の対応でもそれなりに手間になっているはず。資料発送代行なら資料の封入、封かん、局出しまで代行してくれるそうです。
データ入力は、音声媒体でも紙媒体でもあらゆるものをデータ化してくれるサービスです。

・ポイント交換システム
利用者が電話・携帯電話・Webなどマルチチャネルでセキュアな環境でのポイント交換を実現するというサービスです。更に、各チャネルから受け付けたデータは一元管理が可能というもの。
クライアント企業のポイントシステムに合わせて、リアルタイムでのポイント交換ができるといいます。また、携帯電話やWebなどどんな機器を使用しているのかを識別して、個別の対応フローも可能とのこと。トランザクション処理や排他処理による不正利用の抑止も可能なのがこのサービスの特徴です。
このシステムの活用メリットとしては、音声電話網の利用によって、ネットを使いこなすことの難しい年配の方へのサービスとして情報のバリアフリー化が図れること。他にもサポートセンターやコールセンターへの個別の依頼などが減り、ポイントの運用管理にかかる人件費を削減できるところにあります。様々なチャネルにも対応し、一元管理が可能なところは業務効率のアップにも繋がりそうですね。更に人件費を削減できて、クライアント企業にとって導入メリットが多いのではないでしょうか。

・通販注文受付サービス
サーバー構築から運用管理など、煩雑な作業を不要にして、高性能のアンケートシステムを提供するサービスです。
このサービスを利用するメリットとしては、ASPサービスのため安心かつ低価格で行えること、Webページも簡単に作成できること、マルチチャネルで受け付けられること、リアルタイム集計及び参照機能、豊富な管理機能とセキュリティがあることでしょう。
ASPサービスのおかげで、サーバー構築・インストール・運用管理が一切不要。その上、高性能のアンケートシステムが、低価格で利用できるようです。
HTMLの知識やスキルがなくても、簡単にWebページが作成できます。今までに実施した応募フォームもテンプレート化が可能なため、一部のデザインや項目を変更した流用ができるため、大幅な効率化が図れるでしょう。
PC・モバイル(3キャリア)版のほか、自動音声受付システム(IVR)での受付も可能です。インターネットが苦手だったり、使用できない高齢者や子供向けのサービスとして、どこでお誰でも利用できる情報バリアフリー化が実現。

リアルタイム集計・参照機能も充実しているようで、受け付けたデータはリアルタイムで参照ができます。また、グラフ表示やデータのダウンロード機能もあるため、戦略的なCRMの実現を支援してくれるようです。
受け付けたデータの参照などは、ユーザーの設定機能によって見ることのできる情報の制限ができます。操作・設定できる機能を制限することで、高いセキュリティ環境が構築できるところがポイントと言えるでしょう。

コンテンツ配信

スカラのコンテンツ配信について紹介していきます。

i-print

i-printは、サイトプリントサービスです。ユーザーが、Webサイトを印刷する時に「大きな余白が入ってしまう」「ページが変なところで途切れてしまう」「右側がはみ出てしまう」「印刷したいページを毎回開かなければならない」という欠点が挙げられます。
サイトプリントサービスは、このような煩わしい問題を全て解決してくれるようです。簡単にイメージ通りに印刷可能。プリントアウトしたものを製本することで、オリジナルの会社紹介冊子などを作成することが可能だそうです。

 

i-linkplus

i-linkplusは、関連リンク表示サービスです。サイト内の回遊性向上を図れるツールとして配信されているようです。クライアントのWebサイト内の各コンテンツの下に、記事に関連する自社記事の見出しリンクを表示させるというもの。見出しリンクは最大5つまで表示されるとのこと。訪問者の興味のある内容が同ページに表示されるというのはユーザビリティのアップに繋がるのではないでしょうか。
クライアントは、記事ページのHTMLソースに数行のタグとJavaScriptを埋め込めばいいようです。

 

フレッシュアイ

フレッシュアイは、PC向け検索ポータルサイトです。情報収集に使われる検索、最新の話題や出来事を収集。有用なデータ集としてユーザーに提供しているようです。主なサービス内容をご紹介したいと思います。

◇フレッシュアイニュース
全国100紙以上の新聞、通信社、専門紙などから最新情報を集めて一括検索できるというもの。欲しい情報だけでなく、知らなかった関連情報も提供してくれます。ビジネスマン向けのニュース検索サイトと言えるでしょう。

◇フレッシュアイペディア
ウィキメディア財団が運営する「日本語版ウィキペディア」の情報、その関連情報を検索できる百科事典です。スカラではこの百科事典に含まれるおよそ57万件以上の情報ライブフィードを受けているそうです。とてもスピーディーで、ウィキペディアで更新・追加された情報を30分以内に反映させることが可能だそうです。

◇フレッシュアイ翻訳
1文ずつの対訳表示機能が付いているようです。各業界に詳しい編集者が作成した専門用語辞書を使用し、翻訳を提供してくれるとのこと。

◇フレッシュアイQ&A
こちらはYahoo!知恵袋の情報を引用して提供するサービスのようです。お馴染みのYahoo!知恵袋は、疑問に思っていることや聞きたい事のあるユーザーが他のユーザーに尋ねたり、他のユーザーの質問に答えたりするサービスです。

◇コトバノウチュウ
こちらは「ウチュウ」に瞬く話題の「コトバ」をクリックするだけで、知りたい情報を収集できる検索サイトとのことです。欲しい情報の関連情報を、複数のデータベースから検索し、1面で表示してくれる便利なツールと言えるでしょう。

法人ニュース配信

ニュース配信サービスは、法人向けのニュースを配信、検索、掲示ができるサービスのようです。

◇法人向けニュース配信&検索
様々なニュース媒体から、指定のニューステーマに合った肝要なビジネス情報をメールで毎朝配信してくれるサービス。記事検索機能もあるため、見逃していた過去の記事を見ることも可能だそうです。
ニューステーマはどんなニーズにも対応できるよう、およそ200ものテーマがあるそうで、各企業の情報テーマ(カンパニトラッカー)はなんとおよそ4,000テーマ用意されているそうです。
なにかと多忙なビジネスパーソンの効果的な情報収集・共有化をサポートしてくれると言えるでしょう。

◇法人サイト向けニュース掲示
ECサイト、専用ポータルサイト、会員向けサイトなどへのニュース掲載を支援してくれるサービス。WEBサイトに日夜更新されるニュースを掲示して、サイトのアクセスリテンションを向上させてくれるようです。
サービスの特長としては、クライアントサイトの属性に合わせたニュースを提供してくれるというところでしょう。サービス利用料は、初回設定費として20万円~、月額運用費は運用方法によって異なるようですが、おおむね25万円~となっているとのこと。

 

i-gift

i-giftは、デジタルチケット配信サービスです。クライアントのお客さまに向けたキャンペーンなどの景品、謝礼で使用できる送料のかからないデジタルギフトとのこと。いままでのインセンティブプレゼント配布と比較しても様々な効率化が図れており、効果測定や柔軟なキャンペーン設計がやりやすくなったようです。
また、マーケディング力向上、コスト削減を実現でき、お客さまに快適な顧客体験の提供が可能になるといいます。

自動音声応答サービス

今回は、スカラの自動音声応答サービスについてご紹介します。
私たちが生活を送る中でも、度々自動音声に触れる機会があることでしょう。
SaaS型のIVRは24時間、365日、電話またはFAXによる顧客からの多様なリクエストを自動音声応答システムで受け付けるものです。同社では、システム開発からフルフィルメント業務まで対応。業務のワンストップ化を実現してくれます。
一口に自動音声対応システムといっても内容は多岐にわたります。
コールセンター支援をはじめ、注文受付ダイヤル、資料請求ダイヤル、アンケートダイヤル、FAX取り出しサービスなどです。

コールセンター支援サービスは、瞬間的な大量呼による溢れ呼に対応するというものです。商機損失回避と、オペレーターの配置平準化に貢献するサービスのようです。

DM配信停止受付サービスは、DMを配信していた顧客が受け取りをもうやめたいという場合、24時間自動音声応対で受け付けるサービスのようです。MPSダイヤルとも呼ばれ、これを導入するメリットは、受け取り拒否受付業務に配置する人員カットになります。運用コストの増加、オペレーターの精神的負担による業務効率の低下も防止できるでしょう。リストクリーニング効果により、今までよりも効率的なDM配信が行えるようになります。

注文受付ダイヤルは、登録してある会員専用の注文受付ダイヤルを設けることにより、電話で追加注文や再注文を受け付けられるというサービスです。注文の都度、名前や住所を登録必要もなく、24時間365日注文受付可能とのことなので、ユーザーにとっても企業にとってもメリットがあるのではないでしょうか。受電データは、「アクセスネットポータル」という専用画面にリアルタイムで納品されるとのことです。顧客データベース管理やストレージデータのダウンロードなども行えるそうです。

情報変更受付ダイヤルは、既に登録してある会員情報の変更受付専用ダイヤルを設けることで、コールセンター部門・フルフィルメント部門などの業務負荷を軽減することができるサービスです。特に、異動・転居シーズンなどの呼量が増加しやすい季節の業務調整に役立つことでしょう。24時間365日受付窓口の提供が可能になるため、日中や平日が多忙な会員も夜にダイヤルすれば情報変更ができるというメリットがあります。

資料請求受付ダイヤルは、カタログや資料の請求を受け付ける専門ダイヤルのことです。これを設けることによって、オペレーターを注文受付、会員獲得のような高度対応が必要な業務に割り振ることを可能にするといいます。また、コンタクトセンターが閉まっている夜間・休日などのニーズ・リクエストも漏らすことがありません。利用する企業側、ユーザーにとっても便利に使うことができるのではないでしょうか。

FAX取り出しサービスは、注文書のほか、告知したいもののサイズによって掲載できない情報、会員との様々な手続きに必要な情報などをFAXBOXに登録し、郵送コストや時間を削減するサービスなのでとか。ダイレクトメールでは網羅しきれないキャンペーン商品情報などセグメントごとに提供可能。優良会員へのサービス差別化、その時にしか販売しない季節商品の売り上げ拡大。在庫解消に、低コストかつ効果的にアプローチできるといいます。

大量FAX受信サービスは、注文書やアンケートなど、FAXの膨大な量のトランザクションが予想されるサービスの受信を代行するものです。受信サービスを利用すれば、FAX機や回線を大量に準備する必要がなくなり、コスト削減に繋がることでしょう。また、休日や夜間の紙詰まり、用紙切れの心配もなくなります。FAX情報の登録、アクセスログの取得などは専用ポータルサイトで簡単に行うことが可能だそうです。

アンケートダイヤルは、従来のダイレクトメールやWebでなく、電話(自動音声返答)によるアンケートを実施します。幅広い年代からアンケート取得ができるサービスとのこと。
サービス事例として、コールセンターのオペレーターの電話応対品質調査などがあります。問い合わせのあった顧客に、問い合わせ後にアンケートを実施するというもの。オペレーターとの会話直後に行われるため、制度の高い回答が得られるそうです。自動応答での回答のため、抵抗感が少なく素直な回答を得られるという特徴があります。

クラウドサービスを提供するスカラ

企業とユーザー2つの観点で企業のコーポレートサイトをはじめECサイトやモバイルアプリをさらに使いやすくするためのクラウドサービスを提供しているスカラという企業があります。
東京都渋谷区にオフィスを構えており、梛野憲克が代表を務めています。
1991年12月に田村健三氏が島津英樹氏を共同経営者に招き、データベース・コミュニケーションズ株式会社という名前で創業したことがスカラのはじまりでした。
現在の代表である梛野憲克氏が代表取締役社長に就任したのは2013年8月のことです。

スカラは業界トップクラスを誇る「開発力」「サービス」。この2つにより上場企業を400社含む計1,000社以上もの大手企業と取引実績を持ちます。
主にサイト内検索サービスやFAQシステムをはじめ、自動音声応答システムなど多岐にわたるサービスを展開。近年ではビッグデータ処理技術に関するサービスやIoTも提供しています。
これらのサービスをベースに「お客様のニーズ」そして「適切なタイミング」を把握。
「情報」として複数のチャンネルを通して提供し、コミュニケーションの促進を可能にしています。

また、スカラはSaaS/ASP事業において業界トップクラスのシェアを有する東証一部上場企業でもあります。
そんなスカラの強みは営業から開発・運営に至るまですべてを自社で行っているという点でしょう。
顧客ニーズに合わせたサービスの提供を可能にしているため、高い顧客満足度を獲得している企業です。

大きく特定のサービスに依存しない売上構成である特色があるスカラでは、今後も更に事業提携やM&Aを積極活用しながら既存事業の拡大を進めていくそうです。また、BtoCビジネスなの新たな事業領域の開拓も視野に入れているそうです。

管理人が選ぶサイト◇◇◇梛野憲克 株式会社スカラ | Eight プロフィール

コミュニケーションの促進を可能にする

株式会社スカラは、企業サイトやECサイト、スマートフォン・モバイルアプリを企業とユーザー両者から利用しやすくするためのクラウドサービスを提供している会社です。代表取締役社長を梛野憲克が務めています。1991年にスカラの前身であるデータベース・コミュニケーションズ株式会社が創業しました。2013年に梛野憲克が代表取締役社長に就任。2016年に商号を今の株式会社スカラへと変更したそうです。スカラは業界トップクラスの「開発力」と「サービス」を誇り、上場企業を含む1000社以上の大手企業との取引実績もあるようです。そんなスカラの事業内容などを紹介していきます。


スカラは、SaaS/ASP事業を展開しています。インターネット及び電話回線を通じ、企業のコーポレートサイト活用を支えるWeb系のサービスと、自動音声応答技術を使ったサービスを提供しています。
Web系のサービスでは、サイトの使いやすさや機能性を上げるサービス、簡単にサイト作成や一元化できるようサポートしてくれるサービス、オンライン百科事典などサイトのコンテンツを補強するサービスがあります。自動音声応答技術を使ったサービスは、電話注文受付をはじめ、FAXの取り出しサービス、情報の収集・提供を行うサービスを展開。
その他、オンラインカードショップの「-遊々亭-」を運営し、ジャンルや形態を問わず色々なカードの買い取りや販売を行っているそうです。

幅広く提供しているSaaS/ASPサービスでは、最近では良く耳にするIoTやビッグデータ処理技術に関連するサービス提供も開始したようです。顧客のニーズと、適切なタイミングを把握し、様々なチャンネルを通じて「情報」として提供することにより、人と人、人と企業のコミュニケーションの促進を可能にしているようです。

スカラコミュニケーションズの情報サイトシステム

梛野憲克が代表を務めるスカラコミュニケーションズではさまざまなサービスを提供しています。
情報サイトシステムをはじめ、コンテンツ管理、コンテンツ配信などさまざまなシステムを提供しているスカラコミュニケーションズですが、情報サイトシステムの一つであるサイト内検索エンジン『i-search』について調べたことをここにまとめてみました。

そもそもサイト内検索がどのようなものかご存知ですか?
サイト内検索とは、企業などのホームページ内にてユーザーが求めるコンテンツをキーワードで検索するシステムのことです。
サイト内検索を導入することでいくつものメリットがあるようです。
例えば、商品点数やページ数など情報量が多いサイトや、ニュースリリースなどの最新情報を頻繁に発信しているサイト、HTML以外のPDFなどを掲載しているサイトなど、これらのサイトではサイト内検索を導入することで次のようなメリットがあると言われています。

・目的のページを検索しやすくなるとユーザービリティの向上へつながる
・目的とする情報を得られなかったユーザーが離脱してしまうことで発生する機会損失の減少

こうしたメリットが挙げられています。
なかには「自分のサイトは分かりやすい作りになっているからサイト内検索は要らない」という方もいるようですが、サイト内検索エンジンの導入によって、検索キーワードからユーザーニーズを集めることができる利点があるようです。

そこで、梛野憲克率いるスカラコミュニケーションズが提供しているサービスがSaaS/ASPサイト内索エンジン『i-search』です。
『i-search』を導入すると検索にヒットしたページのサムネイル画像の表示、サムネイル画像にマウスオーバーした際に拡大画像がポップアップする、おすすめコンテンツとして任意のページを表示できる、などが可能になります。また豊富な管理機能も特徴です。

『i-search』の気になるメリットですが、検索結果ページのデザイン性の向上によるブランド価値の増加、おすすめコンテンツなどへのユーザー誘導機会の増加、検索キーワードなどの解析によるユーザー動向分析の実現などが挙げられています。

FAQシステムのi-ask

梛野憲克が代表を務めている株式会社スカラは、インターネットや電話回線を通してサイトの利便性などを向上するサービスを提供しています。
SaaS/ASP事業で高いシェアを誇っている同社の強みは、営業・開発・運用まで全てを自社で一貫して行っていることのようです。そんなスカラのサービスを紹介していきます。

Webサイトの利便性を向上させる「情報検索」「コンテンツ管理」分野で活躍するのが、見つかるFAQシステムの「i-ask」です。i-askは、FAQページを作成するのに特化したシステムです。代表の梛野憲克が理想としている「望む情報を適切なタイミングで提供する」ツールのひとつであり、Webページ作成の知識が無くてもFAQを作ったり、管理したりできるものだそうです。
サイトを訪れる際、何か調べたいことがある、興味があるといった動機があると思います。知りたいことを調べていると、よく目にするのがFAQではないでしょうか。FAQは、よく質問される問題とその答えがまとまっているコンテンツのことを言います。「FAQ」の他にも「よくあるご質問」といった表記があることも多いでしょう。私たちの疑問を解決するという意図以外にも、問い合わせに対する返信作業を効率化するために利用している企業も多くなっているそうです。

i-askを取り入れることにより、様々なメリットが発生するようです。例えば、FAQ内の検索ができ、ユーザビリティが向上する。先ほど述べたように、電話やメールでの問い合わせ対応が減るため、業務負荷を軽減することができる。自動更新機能があるため、深夜でも休日でも更新が行える。検索ワードを解析し、ユーザー動向の分析も可能なようです。また、FAQページは簡単に作ることができるためサイトのページ数を増加することができ、SEO対策にもなるようです。

ここでスカラのサービスを利用している会社や実例を紹介していきましょう。
従来より、損害保険ジャパン日本興亜株式会社が利用していた「i-ask」の拡張機能としてライン公式アカウントとの連携を開始したそうです。損保ジャパン日本興亜のラインアカウントを友だち登録したユーザーが、メニューの「よくある質問」を選択すると無人チャット形式で回答候補を提示するというものです。自動車保険、海外旅行保険、火災保険、などの質問カテゴリから絞り込まれるとのこと。
「i-ask」との連携機能のため、HPで公開している登録済みのFAQを二重管理することなく利用できるのが特徴であり、管理業務効率化に役立ちます。
HPだけでなく、多くの人が日常的に使用しているラインを活用することによって手軽に質問することができます。ユーザビリティアップが実現したと言えるのではないでしょうか。

リンクチェックシステム「i-linkcheck」とは?


あなたの会社のホームページは、しっかり管理されていますか?「当たり前」と思うかもしれませんが、意外と見落としがちになるのがリンク切れです。いわゆるデッドリンクのことですね。リンクをクリックしてもページを閲覧できなければ、ユーザーにとってもマイナスですしSEO的にもよくありません。企業名で検索したときに、非公式のサイトの方が上位に表示されることなどあったら笑うに笑えない話です。

そのため、定期的にリンク切れがないかチェックする必要があります。リンク切れの原因は、サイトやページの移転もしくは閉鎖です。また、リンク先のサイトは存在していてもハイパーリンクの記述にミスがあれば、表示されません。
定期的にリンク切れがないかどうかチェックすることは大切ですが、人の手で一つ一つ確認していったら相応の時間とコストがかかります。量が多ければ確認漏れも発生してしまうでしょう。

そんな面倒くさいリンク切れを自動でチェックしてくれるのが「i-linkcheck」システムです。「i-linkcheck」システムは、梛野憲克が代表を務めている株式会社スカラコミュニケーションズが提供しているサービスです。梛野憲克は他にも株式会社スカラでも代表を務めており、スカラコミュニケーションズはスカラの子会社になります。

「i-linkcheck」システムが便利な点は、自社のリンク切れだけではなく、外部サイトのリンク切れや、IPアドレスが変更した際の検知もできるところでしょう。メリットとして作業の効率化や、検索エンジンからの高評価が挙げられます。
「リンク切れのチェックなんてしていない……」という企業は、「i-linkcheck」システムを利用するかはさておいて、もう一度自社のHPを確認してみるのがいいでしょう。